【陣痛.com】前駆陣痛と微弱陣痛

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jintuu21.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





このページでは陣痛の種類、前駆陣痛と微弱陣痛について説明していきます。

そもそも陣痛とは前述の通り、出産前に子宮が規則正しく収縮を繰り返す時に伴う痛みのことです。陣痛はある程度規則正しいところがポイントです。出産が近づくにつれて、どんどん間隔が短くなっていき、陣痛時間も長く大きくなってきます。

前駆陣痛はこの正式な陣痛とは全く別物で、間隔や痛みの強さなども全て不規則です。前駆陣痛は正式な陣痛が始まる前に起こる陣痛で、子宮の収縮によって起こる痛みというところは正式な陣痛と同じです。こちらも人によって感じる人感じない人が居ますので、あくまで正式な陣痛の前触れ、目安として考えると良いでしょう。

微弱陣痛とは陣痛の一種ではありますが、通常の陣痛が微弱な状態であることを指します。陣痛は子宮の収縮を繰り返すことで、胎内の赤ちゃんを娩出する目的を持っています。搬出するための運動が弱いと当然赤ちゃんも出てきにくくなるので、微弱陣痛は危険な状態になる可能性があることから、陣痛促進剤などを使用して対応していくことがあります。


⇒ 出産後の陣痛

sponsored link


copyright©2010  【陣痛.com】  All Rights Reserved