【陣痛.com】陣痛促進剤の使用

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jintuu21.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





このページでは、陣痛促進剤の使用について詳しく説明していきます。

陣痛が起こるメカニズムは実はまだはっきりと解明されているわけではありません。母体側が発信源なのか、それとも胎児側が発信源なのかがまだ分かっていません。ただし、陣痛がホルモンの作用で始まることは分かっています。そして陣痛促進剤(陣痛誘発剤)とは、その名の通り陣痛を促進させる、または誘発させる薬剤のことですが、内容は自然陣痛時に母体から分泌されるこのホルモンを使用しているのです。

陣痛促進剤は現状での経過では出産が困難な場合に適用されます。主に出産予定日を2週以上過ぎた過期産に適用され、陣痛より先に破水してその後陣痛が来ない場合や微弱陣痛時などにもよく適用されます。とはいえ、陣痛促進剤は簡単に使用されているわけではなく、早く出産しないと母子共に危険な状態になるというような非常事態においてのみ適用されます。
陣痛促進剤の使用において、少なからず副作用が確認されています。過剰の投与は非常に危険で、アレルギー反応やショックなどが起こり得ます。こうなると母子共に非常に危険なので、投与量には細心の注意が必要となります。


sponsored link


copyright©2010  【陣痛.com】  All Rights Reserved