【陣痛.com】妊娠について

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jintuu21.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは出産の前にまず妊娠について詳しく説明していきましょう。

まず妊娠について説明していきます。月経が始まってから約2週間後あたりに卵巣の中の卵胞が成熟して卵子が飛び出てきます。それを卵管が取り込んだ前後に、性交によって精子が子宮・卵管へと進み、ここで卵子と精子が出会います。精子は卵子の細胞膜を破ろうとし、中に入り込み結合することで受精となります。こうして受精した受精卵は子宮へと進み、子宮内膜に見事着床することで、晴れて妊娠が成立となります。

妊娠すると母体に様々な変化が見られます。生理が来なくなるのはもちろんのこと、個人差の激しいつわりなどが現れます。ホルモンバランスが崩れて、倦怠感があったり些細なことでイライラしたり無性に眠くなったりなどもあるでしょう。

妊娠には大きく分けて3つの段階があります。それぞれ初期(〜15週)中期(16〜27週)後期(28週〜)で分かれています。
初期には上で述べたような体の変化が見られるのが特徴です。
中期に入ると安定期と呼ばれ、通常つわりなどの辛い症状は収まります。母体の変化としては、お腹が膨らんできたり乳房が乳腺の発達から膨らんできたりするのが特徴です。
後期になるとお腹は背骨や腰に負担がかかる程大きく膨らみます。少なからず貧血や妊娠中毒症などを起こすことがあります。

こうした妊娠の経過を経て、いざ出産へと進むわけです。


⇒ 陣痛とは

sponsored link


copyright©2010  【陣痛.com】  All Rights Reserved