【陣痛.com】陣痛から出産まで

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jintuu21.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





このページでは、陣痛が始まってから出産に至るまでの経過について説明していきます。

実際に陣痛が始まってから出産までの流れを段階で分けて説明していきます。

@おしるし(兆候)
出産前はおりものが増えますが、おしるしはおりものに少量の血液が混じります。おしるしがあってからすぐに陣痛が始まるというわけでもなく、1〜数日後となることが多いようです。

A陣痛
いよいよ陣痛が始まります。陣痛が始まったら出産先の産婦人科などに連絡して、どうすればいいのか指示を仰ぎましょう。

B破水
卵膜が破れて中にある羊水が流れ出します。通常であれば陣痛のピーク時辺りに破水しますが、陣痛前に破水することもあります。破水量も個人差があり、破水時に「バチン」と音を感じる人もいるようです。

C開口期
子宮口が開こうとする時期です。出産で一番大変なところです。呼吸法で痛みを軽減しましょう。パートナーに腰をさすったり押してもらったりすると楽になります。

D娩出期
子宮口は全開大になって、いよいよ赤ちゃんの頭が出ようとしてきます。助産婦さんの合図でいきみをかけて赤ちゃんの娩出を助けましょう。赤ちゃんが無事誕生すると、それまでの痛みはすっとなくなり、感動のご対面となります。

E後産期
赤ちゃんを出産した後、軽い陣痛が起こります。ここで胎盤を出して出産終了となります。


⇒ 陣痛の兆候

sponsored link


copyright©2010  【陣痛.com】  All Rights Reserved